まだ大手塾でくすぶってるの?中1、中2生編①

中1生、中2生へ


「同じことを繰り返し違う結果を期待すること正気の沙汰ではない」


とアインシュタインは言いました。

大手塾の1番上のクラスのビリな生徒さんや

2番目のクラスの生徒さん

 

浦高に合格するのに、いつ逆転するの?

 

同じことをやっていたら、下剋上はありえない。

合格、不合格の順位はドンドン確定していくだけ。

 

雄飛会での本質的努力は逆転浦高合格をするためにある。

 

枝葉末節なテクニックではなく、本質的であるということが非常に重要。

 

大手塾での成績低迷症候群のための愛の処方箋を。


【雄飛会での日々の授業編】


①一問一問ごまかさず、できたふりをせず向き合うこと

 

一斉授業をしない雄飛スタイルの授業はまさにこのため。

時間はかかってもしょうがない。

授業に出席するだけで、成績が上がるとかちゃんちゃらおかしい。

 

②カリキュラムの先取りをしない

 

一部の生徒はガンガン先取りシステムが有効。

でも一部だけ。

 

大半の生徒さんはこの先取りの「負のスパイラル」に陥っている。


早く抜け出そう!

 

先取り学習「負のスパイラル」を簡単に説明すると、

 

テスト範囲ではないから、先取りの授業や宿題を適当にやる。

テスト対策の時期に、適当にやっていた範囲が実はボロボロであり

大慌て。

そして、そこそこの学習でテストに臨むしかなくなる。

さらに、テスト対策が大変だから、その時の先取り分野がさらにボロボロ。

。。。

 

この大半の生徒が陥る先取り負のスパイラルから

勇気を持って抜け出そう!

 

まずは腰を据えて目の前の学校の範囲に全力を尽くすこと。

 

そこから着実な逆転劇は始まる。

 

③「わかった」と「できる」の違いに早く気づく

 

これが最大の課題のひとつ。

 

これがわからないと雄飛スタイルもお手上げ。

 

そしてこの克服には大量演習するしか解決策はない。

そのためには学習時間が必要。

 

雄飛スタイルはその必要な学習時間を一緒に伴走します。

いいから塾に来い!

 

そして問題を解きまくろう!!

 

これなくして成績アップなんて絶対にない。

 

次回に続く。

 

【お申し込み・お問い合わせ】

yuuhikai.ichiyanagi@gmail.com

048-796-7782

090-3437-6907

代表一柳まで

 

雄飛会公式ホームページはこちら↓

雄飛会主宰の【名門公立高校受験道場】のホームページはこちら↓

0コメント

  • 1000 / 1000

雄飛教育グループ

北浦和の学習塾、圧倒的合格実績を誇る雄飛会代表一柳が率いる教育グループの情報サイト