まだ大手塾でくすぶっているの?②

大手塾で上のクラスのビリ、上のクラスに入れずにくすぶっている成績低迷症候群の君たちへ愛の処方箋。

  

成績低迷症候群の真の理由は1つ!

  

勉強時間が足りていない。

  

①人生での累積勉強時間

②日々の勉強時間

③そして、テスト勉強に費やす時間

  

雄飛卒塾生、現役の雄飛会生でも

雄飛会で配られる『定期テスト 飛躍の書』通り、またはそれ以上に

テスト勉強に取り組んでいて、学年10番以内に入らなかった生徒は一人もいない。

  

一人もね。

  

ちなみに写真は2学期、2年生の期末テストの返却後に学年10番以内の生徒たちのうち、2人が持ってきた答案をパシャリ!したもの(笑)

  

『定期テスト 飛躍の書』通りにやるには勉強量が必要だ。

  

かかる時間は人それぞれだけれども、

その勉強量を確保するには、勉強時間が必要だ。

  

もしかしたらテスト期間中では間に合わない。

だからこそ日々の生活も変えていく必要がある。

  

①②③の勉強時間を意識せずに、

時間をかけない何かいい方法がないかなと考えると

逆転は遠のく。

 

その事実にいつ向き合うのか?

  

そして勉強時間の確保には、実は『環境』が大切だ。

  

君の塾にはそもそもその『環境』があるのか?

  

雄飛会は、ほぼ毎日自習可能だ。授業時間以外も当然ね。

3年生は自分の机があるしね。

  

そしてこれが学年末対策の時間。

【学年末テスト対策道場】

2月6日、7日

2月11日

2月13日、14日

2月20日、21日

2月27日、28日

  

それぞれ、

9:00~12:00

14:00~17:00

19:00~22:00

  

そう、環境を変えれば基準が変わる。

1日に9時間のテスト勉強???

  

雄飛会生には当たり前の基準。

  

さあ、まずは基準を変えよう!!!



【お申し込み・お問い合わせ】

yuuhikai.ichiyanagi@gmail.com

048-796-7782

090-3437-6907

代表一柳まで


0コメント

  • 1000 / 1000

雄飛教育グループ

北浦和の学習塾、圧倒的合格実績を誇る雄飛会代表一柳が率いる教育グループの情報サイト